瀬戸焼振興協会のロゴマーク

日本語English
サイト内検索: 文字サイズの変更  文字サイズを標準にします 文字サイズを大きく

情報

新着情報

フリーペーパー
「セトリエ」

お問い合わせ

リンク

サイトマップ

情報

伊勢志摩サミットを通じて、「東海地方のやきもの」をPRします!

2016年05月24日

伊勢志摩サミットを通じて、「東海地方のやきもの」をPRします!

 東海地方のやきもの産地のPRを広域連携で行うため、瀬戸市、常滑市、四日市市、多治見市、土岐市、瑞浪市の6市において「やきもの産地交流・連携推進協議会」を組織しています。この度、本協議会は、中部経済産業局の協力のもと、国内外へのPRの絶好の機会である伊勢志摩サミットを通じて、東海地方のやきものを全国へ、そして世界へ発信します。

具体的には、国際メディアセンターにおいて、数千人のメディア関係者等に対して配布されるサミットバッグの中に、6市で生産した「ぐい呑み」を納入してプレゼントします。

「Made in Japan」「Japanese Sake Cup」などと印字した化粧箱に、異なる産地のぐい呑みを2個入1セットでプレゼントすることで、バラエティ豊かな東海地域のやきものに実際に触れ、楽しんでいただく機会の提供を図ります。

今回用意した数千個のぐい呑みは、各市の特徴を出したもので約40種類。異なる産地のぐい呑みを2個入1セットで提供し、セットの内容は、瀬戸焼&美濃焼(瑞浪市)、美濃焼(土岐市)&萬古焼(四日市)、常滑焼&美濃焼(多治見市)の3種類になります。

■概要

期日:サミット開催 平成28年5月26日(木)〜27日(金)

場所:伊勢志摩サミット 国際メディアセンター(三重県伊勢市)

主催者等:やきもの産地交流・連携推進協議会、中部経済産業局製造産業課

商品:6市の特色を活かした約40種類(うち瀬戸焼6種類)のぐい呑み

※瀬戸産地からは、瀬戸染付や織部釉・黄瀬戸釉などの伝統的な釉薬を使用したぐい呑みをプレゼントします。

※国際メディアセンターは、世界各国から訪れる新聞、雑誌、通信社、放送など、マスメディアの取材・編集拠点となる会場です。

 


ページの先頭へ