瀬戸焼振興協会のロゴマーク

日本語English
サイト内検索: 文字サイズの変更  文字サイズを標準にします 文字サイズを大きく

瀬戸焼を使う

やきものの扱い方

「陶器」と「磁器」

やきものは大きく分けて「陶器」と「磁器」にわかれます。
違いは材料。一般的に陶器は土もの、磁器は石ものと呼ばれます。
土ものは主に粘土を原料とし、石ものは陶石と呼ばれる石の粉に粘土を混ぜたものが原料です。
材料が違うため、特徴が異なり、取り扱い方にも違いが現れます。

  陶器 磁器
吸水性 十分乾燥してから
収納する(しみこんだ
水分がカビの原因に
なります)
水気をふき取ったあと
すぐに収納してもOK
保温性 熱しにくく冷めにくい 熱しやすく冷めやすい
耐衝撃 磁器と比べて弱い 陶器と比べて強い

陶器(土もの)の扱い方

「陶器(土もの)」は吸水性があるため、一手間かけてあげることで気持ちよく使えます。

使う前の一手間
30分水に浸してあらかじめ水分を含ませましょう。汁や油を吸収しにくくなります。

使った後の一手間
出来るだけ早く汚れを落とし、よく乾燥させてから収納しましょう。

磁器(石もの)

「磁器(石もの)」は吸水性もなく、比較的衝撃にも強いため、特に注意することはありません。

※金・銀・絵付けのあるやきものは、電子レンジやオーブンにはお使いいただけません。

ページの先頭へ